e-土.com

園芸用の土作りなら上田林業。園芸土に最適な肥料の販売など、庭作りをサポート。

e-土.com
e-土.com 上田林業株式会社 TEL 0740-38-2294 E-mail info@e-tuchi.com 買い物カゴ
e-土.com TOP e-土とは となりのお店紹介 お問い合わせ ご注文方法
     
    e-土とは
     
    「e-土」が目指すもの

    自然界では、葉が落ち木が朽ち、それをミミズや微生物が分解する。
    すると分解したものを栄養としてまた新しい芽を吹く。これは自然の摂理です。
    「人間が自然の仕組を創る」簡単なようでこんなに難しいことはありません。
    e-土では自然の流れに近い材料や時間を使って商品を作っています。

     
    バークたい肥・園芸培養土の出来るまで
     
    製造工程

    1.e-土販売のバークたい肥
                  培養土はココで作っています。

    2.木質チップをチップ工場等から運び込みます。
       (もちろん汚泥や塗料・防腐剤を使用した廃材
        は使いません)

    製造工程
    製造工程

    3.堆積・天地返しを繰り返し1年半~2年以上をかけて
       醗酵させます。

    4.仕上がり品をサイロで熟成、水分調整します。

    製造工程
    製造工程

    5.ふるいに掛け規格をそろえます。


    6.培養土はここで植物の性質に合わせ他の資材を
     配合します。

    7.機械により袋詰め
       (内容量はライン上で作業員が確認)

    製造工程
    製造工程

    8.商品の出来上がり

    9.自車で直接お客様までお届けします。

    製造工程
     
    バークたい肥の使い方
     

    土に混ぜるだけですが次の点にはご注意ください。

    ・バークたい肥は有効微生物の住み家です。有効菌を消してしまわないように
     土壌消毒を行う際はバークたい肥を混ぜ込む前に行ってください

    ・使用量は農地面積10に対してバークたい肥4を目安に混ぜ込んでください。

    ・バークたい肥には過度に乾燥すると水をはじいてしまう性質があるので過度
     に乾燥する前に水やりをして下さい。

     
    野菜タイプによる肥料の使い方
     
    ・始めたっぷり後ぱっぱ型
     主に生育期間が短く茎葉を食べるものやしっかりした茎葉を作り、じっくりと
     収穫部分を太らせる野菜。
     コマツナ・チンゲンサイ・リーフレタス・イモ類

     

    ・始めも後もたっぷりこまめ型
     茎葉が伸びながら収穫できる収穫期間の長い野菜
     ナス・キュウリ・ピーマン・オクラ

    ・始めぱっぱ後たっぷり型
     つるボケや葉ボケしやすい野菜
     スイカ・メロン・トマト・ダイコン

     
    培養土の使い方
     
    花に野菜にそのまま袋からプランターや花壇に移すだけで完了。

    e-土のバークたい肥を使っていますので人体や環境に安心です。
    お子さんと一緒に植物を育てるのも楽しいですよ。

     
    ページトップヘ